アメリカンまたたび

2018年秋からニューヨーク大学の大学院で留学生教育を勉強する予定。

人生を変えたニューヨーク逃避行から1年がたった

Facebookの余計なリマインダー機能もたまには役に立つものだと思った。わたしがニューヨーク旅行をしてから1年がたったらしい。

americanmatatabi.hatenablog.com

当時のわたしは東京での逆カルチャーショックに死にそうになってて、それに加えてクソ男に振られた変な衝動で頭がおかしくなっていたわけなんだけど。もう将来が何も見えなくて、どうしたらいいのかさっぱりわからなくて、でも現実逃避したくて、少ない夏休みを有効活用してニューヨークに行った。

あれから1年。なんかすごい感慨深いのだ。あの旅行から何もかも始まった。あの旅行があったからこそ、前を向けるようになったし、自分の将来に対してポジティブに考えられるようになった。

ニューヨークで慣れ親しんだウェストチェスターの森の中とか、オルバニーのダウンタウンとか、音楽の先生の家の付近とかにいる時は、ただホッとする感じしかなかった。やっと安心できるところに来ることができて、時間よ止まれ、みたいな感じ。あの頃の自分に、「今のあなたが思い切ってニューヨークに行ったから、1年後のあなたはNYUの大学院に向けて準備万端だよ」ってことを言いたい。

あれから本当に紆余曲折したし、東京でパワハラだの言葉のリンチだのいろいろ辛いことあったし、進路も迷いまくったけど、あの時にニューヨークに行ったから今納得する進路が見つかったのだ。本当に感慨深い。

この旅行を機に、気持ちの整理をすることができた。ひとつの大きな決断をした。今にも心が押しつぶされそうだけど、なんとかチャレンジしてみる。

3泊5日のアップステートニューヨーク旅行 - アメリカンまたたび

ここで言った「大きな決断」が大学院に行くことだった。なんかもううまくいって良かったという不思議な感覚が昨日からある。

人生は何が起こるかわからないですね。

昨日、留学仲間のYukaがこんなつぶやきをしていたけど、本当にこの通りだと思う。

わたしもこの3年くらい、長くて暗いトンネルにいたけどさ、今の自分が何をやりたいのかということにフォーカスして、コツコツ今の自分にできることをしてきたから、やっとここまで来られたと思う。

夏からのニューヨーク生活、不安も大きいけど楽しみなことしかない。頑張ろう。

americanmatatabi.hatenablog.com

americanmatatabi.hatenablog.com