アメリカンまたたび

留学はまたたび

ニューヨークの寮生活時代にあった「女たちの地獄のルール」を日本語訳してみた

follow us in feedly

ニューヨークの大学に編入してきたばかりの初めの学期、わたしはいかにもなアメリカの大学寮に住んでいた。アメリカ人Suitematesの6人との共同生活。2人で1部屋。

(Suiteというのは、部屋のまとまりのこと。3つの部屋で1つのSuiteだった。この時に住んでいた901号室は3つの部屋があった。901号室がSuiteね。)

わたし以外はみんなアメリカ人のうるさい女子大生たち。何もかもが新鮮だった。同時にストレスで毎日死にたくなっていて、生き地獄だった。

そんなアメリカ人スイートメイトたちとの共同生活に謎のルールがあった。このルールは大きな紙に手書きでデカデカと書かれ、Suiteの入り口に貼られていた。

もう3年たつから時効だよね。ということで日本語訳してみました。わたしの個人的な感想は訳の下に書きました。

(ちなみにここに出てくる、PaulとEliは当時のスイートメイトたちの彼氏ね。)

f:id:americanmatatabi:20170604215313j:plain

Suite Rules:

1. WE ARE BLOOD SISTERS. 

私たちは血を分けた姉妹だ。

(わたし:キモっ)

2. If you're having an orgy, invite the suite [and their +1 (eli and paul, that's right, you're invited.)]

もしどんちゃん騒ぎのパーティをするなら、Suiteのメンバーを招待しなさい。(あなたのプラスワンも。イライとポール、そう君たち招待されているんだよ)

(わたし:わたしはそのパーティ参加したくない)

3. Steal for the suite [always bring a bag to the dining hall]

Suiteのメンバーのために盗んでくるのよ。(ダイニングホールにはいつもバッグを持って行きなさい)

(わたし:「・・・」)

4. If you sprinkle when you tinkle, please be a sweetie and wipe the seatie (Boys: SEAT DOWN WE ARE LADIES)

もしおしっこ撒き散らすなら、おりこうになってシートを拭きなさい。(男子たちよ、座れ、わたしらはレイディーだ)

(わたし:人に言う前に、君たちもちゃんとやってくれ)

5. Dress night! Don't leave Paul & Eli in Fright <3

ドレスアップして出かけるの!

(わたし:「・・・」)

6. Snitches get Stitches

裏切り者は叩かれる

(わたし:わたし叩かれそう)

7. Don't Block the Cock Knock if there's a sock!

(*日本語にできなかった*)

(わたし:「・・・」)

8. We chant together (Paul has a ******)

(*日本語にしたくなかった*)

(わたし:「汚い言葉を使わないでくれ・・・」)

9. Tall man? Fight to the DEATH

背の高い男?死ぬまで戦え?(*意味不明*)

(わたし:「・・・」)

10. STAY CLASSY

品格を失わないように

(わたし:「・・・」)

簡単な解説

わたし、日本語も英語も弱者なので訳が間違っているかもしれません。間違っていたら容赦なく教えてください。

ちなみにこのルールは誰が考えたのかはわかりません。気づいたらこんなのが貼ってあったわけです。まあわたしは部屋にいない人だったのでね・・・。

3のSteal for the suite [always bring a bag to the dining hall]は、要はダイニングホール(寮の食堂)のご飯を部屋に持ち帰ってこいってことです。ちなみに誰一人として持ち帰ってきたことはありません。

ちなみに4, 6, 10あたりはよくあるフレーズです。6とかはトイレによくこのフレーズが書かれているステッカーが貼られているそう。わたしは見たことないけど。

なんかアメリカ人女子、こうやってみんなで頑張ろう、やろう、みたいな風習があると思う。仲間意識というのかな。ソロリティとかそんな感じの典型だと思うけどどうなのかな。みんなでやるからこそ価値があるみたいな感じなのかな。なんか日本の女子大生と何も変わらないですよ。

わたしはこういう集団行動が苦手なので、1セメだけでこのSuiteから逃げ出しました。

その後の裏話

ちなみに当時の部屋割りはこんな感じ

301の部屋: MとS

302の部屋: TとN

303の部屋: わたしとJ

ルームメイトたち、一緒に住んでいた当時はみんな仲良い感じだったけど、裏での悪口がすごかった。表面上はみんな仲良しこよしなんだけどね。まあその後、見事に仲間割れしましたよ。

6人のうちの2人はスペイン(M)とイタリア(T)へ短期留学のため、このセメスター限りで引っ越し。わたしは自殺寸前まで精神が追いやられていたので、逃亡。残りの3人(S, N, J)は仲良くそのまま次の学期も901のSuiteに住み続けた。

その次の学期にイタリアに行っていたTが、残った3人と一緒に大学のアパートでルームシェアを始めたんですよ。ちなみにTとNは親友だった。"The Best Roommate Ever!"とか仲良しの写真をインスタとかFBにあげてた。

しかしアパートで何があったのか知らんが、TとNは絶縁状態に。インスタとFBの友達関係をそれぞれ解除していた。

わたしが今でも連絡を取り合うのは、MとTだけ。Nは別に仲は悪くないけど、連絡を取るまでの関係ではない。Sは知らん。Jは同室のルームメイトだった。本当に嫌いだった。笑

MとTとハングアウトをすると、毎度必ず寮時代の悪口大会が始まる。MはJとSが大嫌い。TはNとJが嫌い。J、まじ嫌われていた。"She is so mean." "They are bitch."ってね。わたしも当時の心境とかを吐きまくっている。とても清々しい。笑

MとTは死にそうだったわたしをよく気にかけてくれた恩人です。感謝してもしきれないくらいの友達ですね。

以上です。

 

yuki