アメリカンまたたび

3年半のアメリカの大学生活を終えて日本に本帰国した23歳女の戯言

【アメリカ学部留学】2年半のニューヨーク州立オルバニー校での学費を明細とともに全公開

大変お待たせしました。ようやく書く気になったので書きます。

留学中の学費を公開します。

【注意とお願い】

・わたしは大学4年間留学していたわけではないので、4年間の数値は出せません。

・コミカレに1年間行っていた分の明細はないので、編入後の大学の学費だけ公開します。

・工面する方法はわかりません。わたしの母に聞いてください。

・「こんなに学費がかかっておいてお前のレベルはそこまでかよ」っていう誹謗中傷はしないでください。わたしは留学中はカルチャーショックにクソルームメイトに勉強に英語にあらゆることに必死でした。

・誹謗中傷を受けるための記事ではありません。これから正規留学したい高校生や大学生がおおまかなお金のイメージを持つために書いています。

・交換留学にしとけばよかったじゃんかよバーカ、っていう批判も受け付けません。

アメリカの大学の学費は、大学によって大きく異なります。また年々上がっています。わたしが払った学費がすべてだとは思わないでください。参考程度にしてください。(またたびのこの記事を参考にしたけど、留学後にもっと学費がかかった、責任を取れ、なんていうクレームは受け付けません。)

【アメリカの大学の学費の仕組みを理解するための基礎知識】

①学費は英語でTuitionです。そしてtuitionの他に諸経費として様々なfeeが上乗せされます。留学生なら大学が加入する留学生保険に強制加入させられるので(任意の大学もあると思う)、保険料もかかっています。

大学の教室や図書館、諸施設を利用できたり、雪の日はキレイに雪かきされた道路を歩けるのは、Feeを払っているからです。

②日本の大学の一律の学費とは異なり、学費は単位ごとの計算です。しかし12単位以上は一律です。留学生はF-1ビザの関係上、12単位以上授業を取らないといけないので、そこはあんま関係ないかも。

はいではいきましょう。

2014年秋学期

f:id:americanmatatabi:20171223102328p:plain

《解説》

SEVIS Fee:ビザ関係のやつです。

Academic Excellence Fee:知らん

Comprehensive Service Fee:知らんが、$608もかかってる

Emergency Asst&Evac Insurance:意味不明

Intercollegiate Athletics Fee:知らん

International Health Insurance:これが留学生保険。$489もかかっている。

Recreation and Campus Life Fee:よくわかんない

Student Activity Fee:さあ

Student-Alumni Partnership:大学の卒業生との繋がりのためのfeeかな?

Tuition (Out-of-state):これが学費。out of stateというのは、わたしは留学生だし、NYの州民ではないので、州外民価格が課せられます。多分州民ならこの半分くらいだと思う。

なので、2014年秋学期の学費は$8,905です。

なぜ州外民は州民よりも高いのか?州立なので州の税金によって運営されています。州外民はNY州に税金を納めていないので、この価格になるのです。

University Fee:意味不明だなあ

Meal Plan:噂のミールプラン。寮での食費がここで請求されます。うちの大学の寮にはキッチンがないので、Meal Planは強制加入されます。

これは4ヶ月で$2,275の食費がかかるという意味です。 つまり1ヶ月の食費が$568です。ふざけんなよ。精神崩壊するレベルのあんなマズ飯でこんなにかかるのかよ。

Room (Standard):寮の家賃です。Standardというのは、一番レベルの低い寮ってことです。

Room E-Deposit:部屋の敷金みたいなものです。Depositって普通は戻ってくるんだけど、戻ってきた試しがない。

まあそんなこんなでトータルでこの学期は$16,697払っています。

2015年春学期

学費と諸経費の明細の見方はわかったと思うので、ここからは詳細は省きます。

f:id:americanmatatabi:20171223104022p:plain

2014秋学期から2015春学期にかけては学費には変動なし。Empire Commons Eastとはわたしが住んでたアパートの名前です。大学が管理するアパートなので、ここで請求されます。

この学期は$16,314の支払いでしたが、この時すごい円安だったのを覚えています。1ドル120円とかだった気がする。だから日本円での請求が200万を超えて、親にすごい怒られました。

2015年秋学期

f:id:americanmatatabi:20171223104340p:plain

学費が$8,905から$9,795に上がっています。$890の値上がりです。

その他はあんま変わっていませんね。家賃がさりげなく上がっているくらいか。

2016年春学期

f:id:americanmatatabi:20171223104607p:plain

ブッファアアア留学生保険、突然の値上がり。$489から$704 wwww

保険、$704もかかっているけど、わたしは幸いなことに事故に遭うことなく、病気もしなかったので病院に行くことはこの学期にはありませんでした。

学費は上がったままっすね。下がる気配はありません。

2016年秋学期

f:id:americanmatatabi:20171223104826p:plain

この明細の一番上にある$400は、年度の途中にアパートから退去する人は退去費を払わないといけないことになってて払ったものです。わたしは年度末の5月ではなく、12月卒業だったためです。

そして上がった学費。$8,905→$9,795→$10,775という変遷ですね。

またなぜか留学生保険が値下がりしていますね。$704→$502。この学期はいろいろなことがあってクリニックにお世話になったので、元は取ったかもしれません。

以上です。

一点注意ですが、わたしは2年半のNY生活でずっと大学に住んでいたので、家賃は学費と一緒に請求されています。もしも大学の外、off-campusに住む場合は、当然のことながら家賃は請求されません。

今回わたしはあえて円レートでの表示はしませんでした。レートは毎日変わるものであり、年単位で大幅に変化します。わたしが留学を決意した2012年は歴史的な円高の年でしたが、それから3年もしないうちにとんでもない円安になっていましたからね。それに日本円でいくら払ったのかまでは覚えていません。

そしてわたしは奨学金をもらうことも、大学から学費の補助を受けることもありませんでした。奨学金をもらえばそれなりに安く抑えられたのかもしれません。

わたしはここまで学費を払ってくれて、大学を卒業させてくれた両親に感謝の気持ちでいっぱいです。NYでの2年半の生活はとにかくいろいろなことがあって、人間的に大きく成長できた期間でした。日本の大学にいるよりも、何百倍も価値がある時間だったと思っています。だからわたしは交換留学ではなく、短期留学でもなく、正規留学を選んだことに1ミリも後悔していません。

 

質問とポジティブな感想だけ受け付けます。以下のリンクより何かある方は、メッセージお願いします。

americanmatatabi.sarahah.com