アメリカンまたたび

2018年秋からニューヨーク大学の大学院で留学生教育を勉強する予定。

アメリカ正規留学中にやる予防接種のすすめ(大学のクリニックを利用する)

この記事を読んでいるアメリカに留学中、もしくはかつて留学していたという方の中で、在学中に大学のクリニックを利用したことがあるという人はどのくらいいるでしょうか。

「別に怪我をしたことも、風邪を引いたこともなかったから行ったことなかった」という人が多いかもしれない。もしくは行ったことがあっても1〜2回だけとか。女性ならbirth controlのピルの処方で行ったことがあるという人が多いかもしれないですね。

とまあおそらく留学生の間で影が薄い存在であろう、大学内のクリニック。わたしは機会があればどんどん行くべきものだと思っています。

アメリカは健康保険が悪名高い国として有名だけど、留学生なら大学がofferする保険に入れるのでいいと思います。普通なら会社の福利厚生だから、就職しないと無保険。結婚してたら配偶者の扶養に入るとかはできると思うけど。Girl Bossというドラマに、仕事はしたくないけど、手術するために保険入りたいから就職したというシーンが出てきます。ああいう世界なのでしょうね。

まあ、大学のクリニック、調べたらたくさんのヘルスサービスをofferしています。そのうちの1つが予防接種。こないだ大学のクリニックでわたしは3つの予防接種をしてきたので、今日はこの話をしようと思います。

予防接種を日本で受けようとすると、多くの場合は保険の適用外であるから自己負担しないといけません。たまに行政のサポートで無料で受けられるケースもありますが、ほとんどの場合は自己負担ですよね。まあこれが国民皆保険の特徴なのかもしれないけど。

例えばわたしが今回受けたTdap(破傷風ジフテリア、百日堰)は新橋のクリニックで約9,000円らしいですね。

ワクチン一覧・価格 – 医療法人社団 航仁会 西新橋クリニック

hospinfo.tokyo-med.ac.jp

日本で認可されているのかされていないのかわからないけど、輸入のものを使うのが普通のよう。

他にも日本で物議を醸している子宮頸癌ワクチンアメリカではHPV Vaccineと言われています。HPVワクチンは数ヶ月おきに全部で3回やらないといけないワクチンですが、1回あたり日本でやると自己負担の場合は約2-3万円くらいかかるのですよ。

note.mu

www.kansaih.johas.go.jp

わたしはこれ先週に1回目のをやりました。大学の保険、ぶっちゃけ高いけど、こういう高価な予防接種を受け放題なのです。受け放題と言うとなんか語弊があるけど、値段を気にすることなく受けられるのは、かなりストレスフリーです。

去年、わたしは東京にいたときに区のサポートで子宮頸がん検診を無料で受けたことがありました。それを機にワクチンを受けようかなと思いましたが、1回数万円×3の負担はボーナスなしの薄給ベンチャー企業会社員としてはかなりきつかったです。だからなんだかんだ後回しになってしまいました。でもこうやって大学の保険の恩恵にあずかり、3回とも自己負担ゼロで受けられるのは、タイミングがよかったかもしれません。

とまあ予防接種だけではなく、普通の検診も、健康に関する悩みごともあらゆるhealthを大学のクリニックで管理してもらえるのは、安心感がありますね。

うちの大学だけではなく、他の大学も似たようなものだと思うのです。だから留学生の皆さんは日本にいたらついつい高くなってしまう検診や予防接種、この機会に受けてみるといいんじゃないですかね。

それに年を重ねるにつれて色々な検査をやっておくのは大事ですからね。HPVはもちろん、エイズとか、子宮ガンとか、まめに検査やコンサルティングを受けることで、早期発見にもなるし、何もなかったらそれはそれでラッキーだし。自分の健康意識を高めることにもなりますね。

このブログを読んだ留学生の皆さんは、自分の大学でどんなhealth serviceが利用可能なのかから調べてみたらどうでしょうか。

というわけで大学のクリニックを積極的に利用しましょうという啓蒙でした。

 

アメリカ(ニューヨーク)で膀胱炎になった話

わたしのツイッターを見てくれている方ならご存知かもしれないが、わたしはニューヨークにきてから毎週のようにクリニックに行っている。こいつなんでこんなにクリニック行っているんだよと思っている人も多いと思う。わたしもなんでこんなに行っているのか、謎である。

まあそのうちの2回は膀胱炎の診療でクリニックに行った。そう、わたしはニューヨークに来てから2回も膀胱炎になった。人生初めての膀胱炎はニューヨークで起きた。

正直膀胱炎の話をするのは恥ずかしいが、アメリカで膀胱炎になった人が困らないように書き残しておきたい。

膀胱炎の症状としては、おしっこをするときにすごい痛いというものがある。あと頻繁に尿意を感じるようになる。だけどトイレに行っても、おしっこはちょろっとしか出ないというもの。

日本では市販薬があるみたいだけど、アメリカでは市販薬はない。CVSに行ったらクランベリーのよくわからない薬を勧められた。アメリカやカナダでは膀胱炎になったらクランベリージュースをよく飲む文化があるらしい。

しかし自力で治すものではないようだ。看護師歴35年くらいの母によると、「抗生物質を処方してもらったやつを飲まないと治らない。」とのこと。放置するとやばいと電話え聞いたけど、よく覚えていない。まあ放置は一番やばいのだ。

何はともあれ、おしっこするときに痛みがあり、トイレが近いにもかかわらず大した量が出ないときはクリニックに直行するのである。英語がわからないとかいう言い訳はダメ。まじ行かないと死ぬ騒ぎになりかねない。

英語で膀胱炎はbladder infectionという。他にもUTI (Urinary Tract Infection)ということもある。

看護師さんとかお医者さんに症状を説明するときは、peeするときにvery painful, it hurts when i peeとか言えばokである。それで通じる(医療英語ろくにわからないので、このレベルの語彙力しかわたしにはない…)。それからお医者さんがいろいろつべこべ言うが、まあ薬の飲み方とか対処法とか聞き取れれば大したものだと思う。

うちの大学の保険ではもちろん膀胱炎はカバーされた。薬代が16ドルくらいだったかな。薬は5日間飲んだ。ちなみに2回目の膀胱炎のときは3日間、最初とは違う薬が処方された。

膀胱炎にはいろいろ原因があるらしいが、まあおしっこするところ付近をきちんと清潔にしておくことが最大限にできる予防方法みたいである。あと膀胱炎になったら、水を飲みまくれと言われる。それでトイレに行って、おしっこをして菌を流すイメージだ。

膀胱炎になったら、まずはクリニックの予約を即とることをおすすめしたい。処方された薬を飲んだら即日で治ります。

 

 

またたび流、機内スキンケアルーティンと飛行機に持ち込むといいもの

大学が始まってから1週間が経過しました。早くも問題発生で辛い日々を送っていますが、なんとかNYCで呼吸して生きています。今日のブログでは先日いただいたリクエストにお答えしようと思います。

f:id:americanmatatabi:20180914000000j:image

飛行機の中でのルーティン、必ず持ち込むもの、機内でやることですね。自称乗り継ぎの女王なので、飛行機の移動には慣れています。過去の経験を踏まえて、やってよかったことをベースにこのテーマについてお話ししますね。

まず、機内に持ち込む荷物について

パスポートとかI-20とかいろいろ持っていくものはありますが、ここではお勧めしたい持ち物のみをご紹介します。こちらです。

f:id:americanmatatabi:20180913235907j:image

①無印のフード付きネックピロー

②マスク(これはoptionalです。乾燥が気になる人はつけてください)

③ウエットシート

④蒸気でアイマス

⑤スキンケア化粧品のサンプル

です。

無印の「フード付き」ネックピローの最強説をわたしは提唱する

これすごいんですよ。機内で使う枕欲しいなあと思って、出発ギリギリに成田空港の無印良品で親が買ってくれたんですけど、もう今年買ったものの中でダントツの「買ってよかった商品ベスト5」に君臨しますね。

なにがすごいかって、フードの威力ですよ。フードがあるだけで、顔全体が覆われるので、あの狭いエコノミークラスでもリラックスできるのです。アイマスクだけでは足りませんね。耳元までしっかり覆われることが、こんなに安心感があって快適だとは思いませんでした。

このネックピローを装着した状態で、蒸気でアイマスクをつけるのをおすすめします。このコンビネーション、最強。枕で包み込まれてうとうとしているところに目元には暖かいアイマスク。エコノミークラスにいるのに心地よい眠りを体感できます。

おかげさまで普段はなかなか機内で寝られないわたしでも、4-5時間くらいのまとまった時間も爆睡していました。

枕は結構柔らかめなので、固いものが好きという人にはあまり向かないかもしれません。だけどフード付きは買う価値ありますよ。

www.muji.net

機内でのスキンケアは、旅先での肌の調子を左右しますよ!

ではスキンケアの話をします。

f:id:americanmatatabi:20180913235945j:image

わたしは普段、化粧品を買うたびにもらうスキンケアのサンプルを大量にとっておいています。旅行の時に使うためです。今回、成田ーロサンゼルス間の機内ではアルビオンのサンプルを使いました。

アルビオンの中でも、普段はEXAGEシリーズを使っているんですが、美容液を買った時にINFINESSEというシリーズのミニサイズをもらいました。なので機内ではINFINESSEの乳液と化粧水を持ち込みました。

いつもやっているようなスキンケアを機内でもやります。わたしのスキンケアルーティンは以下の記事からご覧ください。

americanmatatabi.hatenablog.com

このルーティンに追加するような形で、以下の美容液を洗顔後に塗ります。

americanmatatabi.hatenablog.com

洗顔ー美容液ー乳液ー化粧水ークリームの順番ですかね。これを飛行機に乗る前(家か空港のトイレ)と到着の2-3時間くらい前(飛行機のトイレ)の2回やります。

2回やる理由は、飛行機は乾燥するので、乾燥する前に対策をするということです。そんで降りる前にやることで、出先での乾燥を防ぎます。2回目の時はそのままメイクをしてもいいと思います。

飛行機って自分が思っている以上に乾燥するところだと思います。わたしは今回初めて2回きちんとスキンケアをしましたが、肌がすごい潤ってて、いつも飛行機乗ったあとに苦しめられる肌のゴワツキとかが一切ありませんでした。なのでスキンケアの重要性を痛感しましたね。

(本当はアルビオンのスキコンのパックやりたかったけど、エコノミーでパックまでやる勇気が出なかったw)

エコノミークラスでも快適な空の旅を送る努力をする

今回はある程度以上のような努力をしたので、比較的快適なフライトになりました。まあこれまでの何十回にも及ぶ搭乗経験があったからこそ、たどり着いたルーティンなのかなと思います。

飛行機が快適じゃない、疲れる、普段起こらない肌荒れがすごいなどで悩む方は多いと思います。わたしも飛行機は好きではないですが、努力を少しするだけで少し変わるんだなということを今回のフライトで感じました。

この記事が多くの人の参考になれば嬉しいです。