アメリカンまたたび

2018年秋からニューヨーク大学の大学院で留学生教育を勉強する予定。

またたび流、機内スキンケアルーティンと飛行機に持ち込むといいもの

大学が始まってから1週間が経過しました。早くも問題発生で辛い日々を送っていますが、なんとかNYCで呼吸して生きています。今日のブログでは先日いただいたリクエストにお答えしようと思います。

f:id:americanmatatabi:20180914000000j:image

飛行機の中でのルーティン、必ず持ち込むもの、機内でやることですね。自称乗り継ぎの女王なので、飛行機の移動には慣れています。過去の経験を踏まえて、やってよかったことをベースにこのテーマについてお話ししますね。

まず、機内に持ち込む荷物について

パスポートとかI-20とかいろいろ持っていくものはありますが、ここではお勧めしたい持ち物のみをご紹介します。こちらです。

f:id:americanmatatabi:20180913235907j:image

①無印のフード付きネックピロー

②マスク(これはoptionalです。乾燥が気になる人はつけてください)

③ウエットシート

④蒸気でアイマス

⑤スキンケア化粧品のサンプル

です。

無印の「フード付き」ネックピローの最強説をわたしは提唱する

これすごいんですよ。機内で使う枕欲しいなあと思って、出発ギリギリに成田空港の無印良品で親が買ってくれたんですけど、もう今年買ったものの中でダントツの「買ってよかった商品ベスト5」に君臨しますね。

なにがすごいかって、フードの威力ですよ。フードがあるだけで、顔全体が覆われるので、あの狭いエコノミークラスでもリラックスできるのです。アイマスクだけでは足りませんね。耳元までしっかり覆われることが、こんなに安心感があって快適だとは思いませんでした。

このネックピローを装着した状態で、蒸気でアイマスクをつけるのをおすすめします。このコンビネーション、最強。枕で包み込まれてうとうとしているところに目元には暖かいアイマスク。エコノミークラスにいるのに心地よい眠りを体感できます。

おかげさまで普段はなかなか機内で寝られないわたしでも、4-5時間くらいのまとまった時間も爆睡していました。

枕は結構柔らかめなので、固いものが好きという人にはあまり向かないかもしれません。だけどフード付きは買う価値ありますよ。

www.muji.net

機内でのスキンケアは、旅先での肌の調子を左右しますよ!

ではスキンケアの話をします。

f:id:americanmatatabi:20180913235945j:image

わたしは普段、化粧品を買うたびにもらうスキンケアのサンプルを大量にとっておいています。旅行の時に使うためです。今回、成田ーロサンゼルス間の機内ではアルビオンのサンプルを使いました。

アルビオンの中でも、普段はEXAGEシリーズを使っているんですが、美容液を買った時にINFINESSEというシリーズのミニサイズをもらいました。なので機内ではINFINESSEの乳液と化粧水を持ち込みました。

いつもやっているようなスキンケアを機内でもやります。わたしのスキンケアルーティンは以下の記事からご覧ください。

americanmatatabi.hatenablog.com

このルーティンに追加するような形で、以下の美容液を洗顔後に塗ります。

americanmatatabi.hatenablog.com

洗顔ー美容液ー乳液ー化粧水ークリームの順番ですかね。これを飛行機に乗る前(家か空港のトイレ)と到着の2-3時間くらい前(飛行機のトイレ)の2回やります。

2回やる理由は、飛行機は乾燥するので、乾燥する前に対策をするということです。そんで降りる前にやることで、出先での乾燥を防ぎます。2回目の時はそのままメイクをしてもいいと思います。

飛行機って自分が思っている以上に乾燥するところだと思います。わたしは今回初めて2回きちんとスキンケアをしましたが、肌がすごい潤ってて、いつも飛行機乗ったあとに苦しめられる肌のゴワツキとかが一切ありませんでした。なのでスキンケアの重要性を痛感しましたね。

(本当はアルビオンのスキコンのパックやりたかったけど、エコノミーでパックまでやる勇気が出なかったw)

エコノミークラスでも快適な空の旅を送る努力をする

今回はある程度以上のような努力をしたので、比較的快適なフライトになりました。まあこれまでの何十回にも及ぶ搭乗経験があったからこそ、たどり着いたルーティンなのかなと思います。

飛行機が快適じゃない、疲れる、普段起こらない肌荒れがすごいなどで悩む方は多いと思います。わたしも飛行機は好きではないですが、努力を少しするだけで少し変わるんだなということを今回のフライトで感じました。

この記事が多くの人の参考になれば嬉しいです。