アメリカンまたたび

2018年秋からニューヨーク大学の大学院で留学生教育を勉強する予定。

NYCに来てから1ヶ月半経過。余裕がなく、わからないことが多く、疲労困憊の毎日

NYCに来てから1ヶ月半が経ちました。そして大学が始まってからはほぼ1ヶ月が経とうとしています。まだ慣れないことが多く、大学のリソースを活用しきれておらず、もう何が何だかわけわからない毎日です。一日中ずっとリーディングしたり、課題やったりと何かと作業しっぱなしで、気づいたら1週間が終了しています。

過去のブログでいろいろと書きましたが、

americanmatatabi.hatenablog.com

americanmatatabi.hatenablog.com

やはり大学が始まるともう全然違いますね。大変なことが一気に降りかかってきて、それを対処するのに精一杯です。

今のわたしの問題は、

・大学のリソースを使いきれていない

・リーディングに異様に時間がかかる(理解するのが大変)

・ディスカッションについていけていない

・人にうまく相談することができない

というところでしょうか。キャンパス内での仕事とか、インターンのポジション探しもしないといけないんですけど、なんかもう授業で精一杯だから、気づいたら一日が終わって、疲労困憊みたいな感じ。

さすがに異文化適応的な面ではもう問題はないんですよね。英語もそんなに苦労していないし、文化の違いみたいなところで戸惑うことはもうないです(英語で苦労するとすれば、theoryの英語読むのがまじもう無理)。東京で弾圧されてきた身からすると、リーディングが辛いほうがいい。リーディングは自分のためになるけど、他者からの弾圧は自分のためにならないし。

だけど大学院の勉強はこれまでやってきたことがないもので、全てが新しいからまだまだ慣れるのに時間がかかりそう。

最近ようやくスケジュール管理とか、一つの作業にどのくらいの時間がかかるとかのコツがつかめてきたけど、まだ満足できてないし、ああもっときちんと管理しないといけないなと後悔する毎日です。

あと一つ、これは別にわたしのせいではないけど、毎日大学で孤独を感じますね。2018年に入学した学生でわたしと同じ興味関心を持っている人が異様に少ないです。

International Educationって、うちの大学だと、

・紛争地帯とか途上国の教育支援、どっちかというと国際関係学と教育学を融合したようなもの

・交換留学とか正規留学の支援をする分野を学ぶもの

の2つにわかれてて、前者に興味を持つ人が圧倒的に多い。多分9割以上はそうなんじゃないかな。

だからなんか場違い感を感じることが多いです。クラスで同じ興味関心の人同士でグループ組んでプロジェクトやるんですが、わたしは"仲間"がいなくて、グループ組むのが大変でした。なんとか近しいところに入れたけど、まじでhigher educationに興味ある人いないですね。孤独すぎる。

そのクラス(必修)もどっちかというと前者の色が濃いんですよね。なんか分野がここまで違うのに、なぜ同じカテゴリに無理やり押し込めているのかなあと疑問です。国際政治とか、ユネスコの政策とか、世銀とか、そういう国際関係ちっくなものを学ぶのであれば、わたしはhigher educationの必修のクラスを取りたいなあと思うけど、まあそうもいかないらしい。

この件について教授に相談して、教授の見解としては「クラスで学ぶことを自分の興味関心にどのように適応できるのかを考えたほうがいい」ということでした。まあその通りなんだよね。幸い教授はいい人だし、相談しやすいので、まめにオフィスアワーに通いながら自分がどうするべきかを模索していくしかない気がします。

まだまだ葛藤の日々が続くし、地味に忙しいし、ウェストチェスター行きたいし、もうわけわけからない毎日ですが、なんとかなると思って引き続き頑張ります。