アメリカンまたたび

2018年秋からニューヨーク大学の大学院で留学生教育を勉強する予定。

NYCに来てから2ヶ月半経過。最近の学問の興味と今考える進路について

恒例?の近況報告シリーズです。今週末も鬼のようにやることが大量なので、サクッと行こうと思います。

NYCに来てから2ヶ月が経過しました。相変わらずうまくいかないことだらけで、勉強しかできていない毎日なのが非常にもどかしいです。だけど一応前には進んでいるのかな。なんか地味に前に進んでいても、大学院の修士の課程って2年しかないわけだから、このまま何も経験なしに終わっていくのかなと思うとすごく焦るし、自分のダメさに悲しくなってきます。

進路について

最近、今後の進路についてよく考えるようになりました。前にこんな記事を書きました。

americanmatatabi.hatenablog.com

このときよりもPhD課程に進みたいという気持ちが最近はますます強くなってきました。なんかもう論文とか本を読んで、アイディアを考えるのがもう楽しくて楽しくてしょうがないんですよね。今まで無駄に?いろいろな分野の勉強をしてきたので、そこで学んだことを教育学の考え方に応用する感じがもう興奮します。毎日論文読んでは興奮することの繰り返しです。

かつてのわたしのような学生をサポートしたいという気持ちは相変わらず強く、そういう学生をサポートするための学問を作っていって、そんで教授としてサポートするという道もいいんじゃないかなとここ最近いろいろな人に会って思い始めてきました。

他にももっといろいろな理由がありますが、publicにするのは控えようと思います。

だけどまあわたしには学生ローンのとんでもない負債があるので、これのために働かないといけないんですけど、それでPhD諦めるのはどうなのかなとかまあこの辺も大きな悩みですよね。

今度、クラスの教授と、学部時代からお世話になっている州都の教授にいろいろ相談しようと思っています。

最近の興味について

Quantitative Methodsというリサーチのクラスをとっています。そのクラスの教授は社会学者であることから、授業で使う題材は社会学目線のものが多いです。教授がまあコメディアンみたいに面白い人というのもあるし、社会学目線の題材もすごく面白いので、最近は社会学にも興味を持ちました。

そのうちの一つの考え方がSocial Mobilityというもの。日本語の直訳はわかりませんが、簡単に言えば社会階層間の移動ということです。低所得者層出身の学生が、いい教育を得ることで、社会的に高いとされる職業などに就いて、高所得者になるというような図式ですかね。

留学をするということもSocial Mobilityの教育の考え方に大きく関与すると思いました。もともとは留学や外国というものに無縁な田舎で育った学生が、中学や高校で自治体が支援する短期の留学に参加し、外国に興味を持つ。そしてそのまま大学で留学をするみたいなのってよくある話ですよね(まあわたしもその一人なんですけど)。

そこでその学生が低所得者層出身であれば、留学をすることで日本にいたときよりも能力を伸ばす機会を得ることができ、結果的にhigh payな職業につける可能性が出てくるかもしれないってわけです。

まあアメリカの場合は学費がバカ高いので、アメリカ留学が寄与する可能性はわたしもよくわかりません。だけどヨーロッパやアジアの大学はまだまだ学費がリーズナブルなところも多いので、こういうところへの留学はどうなのかなと思いました。

日本人留学生の数は年々下がり傾向があり、日本人のプレゼンスも非常に低いので(留学生といえば、中国、インド、韓国が多いからね)、こういうSocial Mobilityの考え方を留学に応用していって言語化し、それなりのプログラムを考えれば日本人留学生を増やすことにつながるのではないかと最近はよく考えています。

で、日本人向けにそういうプログラムを考えるのであれば、日本におけるSocial Mobilityについても知っておく必要があるなあと思ったわけですね。一般的に日本では院卒だと就職先を見つけるのが大変だと言われていますから(まあただ単に会社に院卒の人がいないと、会社が院卒の人をどうやって扱うかがわからないから採用を避けているだけだと思うが)、これもSocial Mobilityを遮る?要因の一つですよね。

まあわたしはまだまだ勉強不足なので、きちんと勉強していこうと思っています。

とまあ最近はこんなことに興味を持っています。Social Mobilityからカルチャーショックを考えるのも面白そうですね。

普段は頭で考えているだけなので、このように定期的にアウトプットしていこうと思います。