留学生がアメリカで病院に行く前にやるべき「英語の予習」

先日、マシュマロで「アメリカの病院に行ったことがなくて不安」というコメントが届きました。その気持ち、めちゃくちゃわかります。わたしも怖かったですね。ただでさえ病名とかそういうのわかんないし、それが英語になるわけだし、なおかつ自分の症状をうまく説明できないんじゃないかって思いますよね。

今日はそんな病院に行く際の、英語の不安を取り除くためのアイディアをシェアします。

というのも、アメリカで病院にいく前に、必ず「予習」をすることを勧めます。この「予習」が英語の不安を最大限に取り除いてくれます。何を予習すりゃいいんだ?って感じですよね。今回は何を予習するのか、予習のやり方はどうなのかという手順を書こうと思います。

わたしはNYCに来てからのこの1年、膀胱炎、止まらない喉の痛み、膣カンジダ炎、手首の捻挫、予防接種合計7回などで何度も大学のクリニックにお世話になりましたが、基本的な予習の仕方をおさえたので、どんな病気にも応用ができることがわかりました。

この記事はあくまでお医者さんとのコミュニケーションを取れるようになるための基本的なTipsです。以下はわたしが膣カンジダになったときのことを例に話を進めます。

予習①:自分の症状を日本語でいいから把握する

まずは自分の体に起こった変化を日本語で把握し、理解できるように、日本語でいいので色々調べましょう。

ちなみに症状は英語でsymptomsと言います。

膣ガンジダというのは、まあその名の通り膣が異様に痒くなる現象のことなんですけど。そんでおりものの量が増える、しかも①おりものに酒粕のようなものが出てくる、しかも②超臭い、というものです。

出産後とかになることが多いらしいです。わたしはピル飲み始めてからホルモンバランスの変化でなりました。なので低容量ピルが飲めなくなりました。ちなみに性感染症じゃないです。

でもなったことない病気だと、病名すらわかんないじゃないですか。素人だし。わたしも今回なって初めてカンジダなるものを知ったし。で、病名はなんていうのかを調べるために「膣 かゆい」とか「おりもの 臭い」とか日本語で調べるんですよ。そしたらだいたい日本のクリニックのホームページに解説ページとか出てくるので、そこで膣カンジダがどんなものなのかを把握します。

予習②:日本語で学んだことを元に、英語で調べる

日本語で調べたら、次は英語で調べる作業です。WebMDなどの医療メディアで関連ページを読み込む作業です。

①そもそも膣ガンジダ炎は英語でなんて言うのか?

yeast infectionと言います。

I think I had a yeast infection. (膣ガンジダ炎になったかもしれない)

②症状のそれぞれを英語でなんて言うのか?

「膣 かゆい」:My vagina is so itchy. 

「おりもの 臭い」:The discharge smells so bad. 

酒粕」:cottage cheese(アメリカ人には酒粕なんぞ通じません。コテージチーズです)→The discharge is like cottage cheese.(おりものがコテージチーズみたいなんです)

といった感じで調べます。

キーワードごとに調べると、調べやすいと思います。

WebMDとか超お世話になりました。わかりやすい英語で書いてくれて感謝です。

www.webmd.com

まるで酒粕のようなおりものを英語でなんて言うのかも調べる過程で知りました。Yeast Infectionに関するページをいろいろ読み込み、おりものがどういう様子をしているのかの欄を見るようにしていました。こういう表現をおさえておくのはとても大事ですね。お医者さんに会ったときに説明しやすくなります。

youngwomenshealth.org

その他

このように英語で調べたことを、忘れそうならメモしておくといいと思います。

わたしはこうやっていつも予習していました。予習して話せるようになる準備をしておくだけでも、心の余裕が全然違います。

なのでなんか体調や体に変化があり、クリニックに行かないといけないとなったら、予約してから診察の日までに必ず予習をしておくことを勧めます。

予習しても診察中にお医者さんが言っていることなんなのかわからないことはよくあります。これは慣れですね。慣れしかないです。

言われた薬の名前すら聞き取れません。ちなみに処方箋はprescriptionと言います。薬はmedicationです。これは覚えておいてください。

アメリカでは診察の時に市販薬を勧められることがあります。「●●の薬を買って治してね」と。そんな時に言われる薬なんかまあ慣れないとわかるわけないじゃないですか。だって仕方ないじゃん、アメリカで薬飲んだことないもん知るわけないじゃんwと開き直ります。こういうときは新しいことを知る・学ぶチャンスですね。紙に薬の名前を書いてくれませんか?と言います。それかスペルを教えてくださいと言って、自分でスマホにでもメモしてください。

あとアメリカでは最近は処方箋がデジタルなところが多いと思います。日本だと受付で最後に処方箋をもらうと思いますが、わたしはアメリカで処方箋を紙でもらったことないです。お医者さんがパソコンから自分が希望する薬局に処方箋を送ってくれます。大学内の薬局ならいいですが、CVSとかWalgreenとかの薬局を利用する場合は、あらかじめ自分が行きやすいところの住所を調べておくといいでしょう。

で、自分はその薬局に行き、"I come here to pick up my medicine."とでも言います。 そしたら名前と誕生日が聞かれます。たまにID見せろとも。そんで支払いをして受け取るだけです。

わたしも最初クリニック行ったとき、「あれ?処方箋は?どこでもらうの??」とあたふたしましたね… 紙でもらえるものだとばかり思って、いる必要もないのにクリニックの待合室で名前呼ばれるのかと思って10分くらい待ってたしw

 

以上です。この記事で1人でも多くの人がクリニックに行けるようになることをお祈りします。。

こちらの記事もどうぞ。

americanmatatabi.hatenablog.com