アメリカンまたたび

2018年秋からニューヨーク大学の大学院で留学生教育を勉強する予定。

自分が住みやすい都市と、そうでない都市を言語化する作業

わたしはアメリカ国内で、タイプの異なる3つの都市で生活してきた。いろんなところに住んでみて、自分はどんな都市が合っているのかというのがなんとなくわかってきた。

結論から言うと、わたしは「大都市へのアクセスの良い中規模都市」が個人的に好きだなあと思う。大学のときに2年半住んだニューヨークの州都であるオルバニーがその例。中規模都市だから、教育、医療、公共交通機関がそれなりに発達してるし、大きなモールやスーパーもある。レストランも困らない程度に充実している。だけど都会みたいな騒がしさもないし、田舎っぽさもある。モールに行けば一通りの買い物が揃う感もいい。あちこちいろんなお店に徒歩で歩き回ることもない。そういうところがわたしは落ち着くんだなと思う。

先日、ペンシルベニア州ピッツバーグに遊びに行った。ここもオルバニーに似ている中規模都市だと思う。教育や医療、図書館などの施設も充実しているし、世界レベルの大学もある。ダウンタウンは都会っぽいけど、人が多くなくてこじんまりしている。車がないと大変そうだけど、車があれば充実するってことだ。わたしはピッツバーグが好きだ。

このように自分にとって何が合うのか、合わないかということをしっかり認識して、言語化していく作業は大事なのかもしれない。いろんなところに住ませてもらったからこそ、いろんな街のいいところとそうでないところを踏まえて、自分へのフィット感が掴めるようになってきた。

カリフォルニアのど田舎のチコもいいところだった。治安も天気もいい。人もみんな優しくて、初めての正規留学にはぴったりの環境だった。でもわたしには田舎過ぎた。閉塞感はいつも感じてた。都会へのアクセスがもう少しよければと思う。それかチコよりもサクラメントがわたしには合いそう。

NYCは好きだ。大学院でこの街に住むのはこの上ない幸せだ。世界トップレベルの教授に出会えて、優秀な人と繋がることができる。だけど今の若い間、大学院で勉強する期間だけでわたしは十分かもしれない。ここは一生住み続けるところではないかなと思う。家賃が高すぎるし、人が多すぎるし、高層ビルが多すぎて陽が入らない。NYCはたまに遊びに行くところだな。

今後、わたしが住みたいのはサンディエゴ。9年前、初めてアメリカに来たときに3週間滞在して一目惚れした街。サンディエゴに一定期間住む機会がほしい。サンディエゴは電車も発達してるし、日系スーパーもあるし、やや都会寄りの中規模都市だと思うけど、都会にはない穏やかさがあったのが忘れられない。サンディエゴが初めてのアメリカだったから、わたしはこうしてこの国で学位を取得しようと思えたのだと思う。

ということで、サンディエゴにどうやったら住めるか考え中。